• info006559

日本を象徴する吉祥文様【鶴】

延命長寿の象徴とされる瑞鳥。

品格ある美しい姿から、婚礼衣裳に多く用いられています。

また、鶴のつがいは仲睦まじく、一生相手を変えないことから

夫婦愛の象徴とされています。
















日本の伝統的な衣裳である着物は、色鮮やかで美しく品格があります。

たくさんある着物の種類の中でも、花嫁様が結婚式で身に纏う色打掛はひと際豪華です。

しかし、何度か着ていくうちに小さな傷ができてしまい婚礼衣裳として使用できなくなることもあります。

一見そんなに目立たないものですが、そのような理由から日の目を見なくなるのは勿体ないと感じていました。

たくさんの方に様々な形で着物に触れてほしいという思いからつくった

世界にたった一つのアートフレームです。

縁起の良いプレゼントとして、引越祝い・新築祝い・長寿祝いなどに大変喜ばれています。

もちろん、ご自宅の和室やリビングに飾っていただくと雰囲気が大きく変わって素敵な模様替えになります。ぜひお試しください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示