• info006559

きものアート制作工程とは


この豪華な色打掛も、たくさんの花嫁様に選んでいただいたので着物としての役目を果たしました。

写真や遠目では綺麗ですしまだまだ着られますが、傷や取れない汚れが出来てしまうと婚礼衣裳として使用できなくなります。

そのような着物を額装加工しています。















1枚の着物から複数枚が額装されます。

最初に、袖・身頃・襟と裏地に分解します。












柄の繋がりを崩さないように縫い目を解いていきます。

さらに解体したものを並べて図柄を観察します。

実際に使うマットを並べて、どこの図柄をフレームに収めていこうかイメージします。

そして裁断していきます。



























とても豪華な着物でしたので、額装すると絵画のようでとっても素敵です♪

ぜひ雅-MIYABI-Onlineでお楽しみください!

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示